ベビーシッターの仕事内容について

subpage01

ベビーシッターの仕事内容は、子供のお世話という印象がありますが、他にも家庭や子供に対して全般的なサポートを行うことがあります。



主な仕事は子供の食事や排泄の世話、遊びや学習の見守りなどが中心となります。
しかし保護者の要望によっては家庭教師的な役割を求められることもあります。


学習についての適切な知識に加え、音楽や美術等の知識を求められるケースも考えられます。

その他の仕事内容として、ベビーシッターに加え家事代行など、家庭のあらゆる援助を行う場合もあります。仕事で家事が満足にできないない場合や、産後や病気で体の自由が利かない保護者の場合に多いのが特徴です。
家事全般やこまごまとした雑用がベビーシッターの仕事に含まれていることもあるので、依頼者にきちんと仕事内容を確認することが大切です。
障害がある子供や病気のある子供を専門に保育するベビーシッターもいます。
通常の子供よりも注意して見守る必要があるので、看護師や保育士など専門資格を持っている人材が求められます。

ベビーシッターは保育士と違って、働くのに資格取得の必要がない職業です。

民間で試験を用意し、資格を発行しているところもありますが、無資格でも問題ありません。



保育士などの資格を持っている人は需要が高く、待遇面でも無資格より期待できます。
保育士と違うのは、派遣としてパートタイムやアルバイトとして働く人が多いことです。


時間的な制約が少なく、比較的自由な働き方が可能です。

産経デジタルについての情報をまとめたサイトです。